• ホーム
  • 屋外広告
  • 屋外広告とは?

屋外広告とは?

 街を歩いていて、目につくネオンやLEDサイン、ドライバーを対象とした高速道路沿いの大型サインなど、何気なく見かける気になる広告。ひとつかふたつ、目に浮かぶものがあるのではないでしょうか。屋外広告とは、常時又は一定の期間継続して、屋外で公衆に表示される媒体の総称です。

 

屋外広告の種類

 大型サイン


 その名のとおり、屋外で存在する大型の看板です。街のランドマークにもなり得る大型の屋上広告塔、その広告の存在感は、人々に強烈な印象とインパクトをもたらします。

 ロードサイン


 道路沿いに設置された、主に誘導案内に利用される看板です。搭乗者の視線上に、広告看板を掲出させることで、無意識に、視認させることができる、訴求効果の高いメディアです。

 商店街サイン


 店舗の立ち並ぶ活気に溢れた商店街。その中に、一際目立つ、アーケード天井吊り下げ看板。当社では、長い経験と実績をもとに、商店街広告の管理・運営、地域活性化に繋がるお手伝いをさせて頂いております。

施設サイン(ファサードサイン)


建物外観や館内にテナント様のサインを設置いたします。

施設を訪問されているお客様に訴求効果の高いメディアです。

 電柱広告


 電力会社あるいは電気通信事業者の電柱(電力柱、電信柱)に掲示される広告です。種類は、電柱の横から突き出ている”突出”、電柱そのものに、巻きついて掲示されている”巻付”がございます。

屋外広告の強み

刷り込み効果は抜群!

圧倒的な大きさで常にそこに存在する ―
待ち合わせ場所の目印やその地域のランドマークにもなる屋外広告は、昼夜を問わず人々の目に触れるため、刷り込みの効果は絶大です。

 

コストパフォーマンスに優れています

テレビや新聞などのマスメディアは、多額の出稿費用が掛かります。また訴求エリアが広範囲にわたるため、 訴求ターゲットのロスも無視できません。屋外広告は、エリア選定を適切に行なえば抜群のコストパフォーマンスを発揮します。

 

広告掲出の流れ

ページトップ